大人ニキビの原因とは

ニキビが出来る一番の原因は、毛穴が詰まることです。毛穴の詰まりがなくなればニキビは出来ないのですが、毛穴というのは色々な理由で詰まってしまいます。まず10代20代前半の頃非常にニキビができやすい年代です。この若いころにできるニキビは、皮脂が分泌することで毛穴が詰まり、そこで炎症を起こすことによって起こります。皮脂は油っこい物や甘い物を食べすぎると出やすくなると言われているので、ニキビができやすい人は、こうした食べ物を避けると改善するケースがあります。

しかし、20代後半から出来るニキビというのは、単に皮脂が過剰に分泌するということが原因ではありません。肌が脂っぽいわけでもないのにニキビが出来る、むしろ乾燥肌だという場合はこの種類です。肌の水分量が少ないせいで毛穴が小さくなってしまい、通常の皮脂でも詰まりやすくなってしまっているのです。

水分量が減ってしまう原因としてよくあるのが、ニキビが出来たらとりあえずしっかり洗顔するのが一番と、過剰に洗いすぎてしまうことです。洗いすぎている肌は水分が足らなくなり、肌を守るために更に皮脂を分泌するようになってしまいます。表面はべたついているのに、肌の内側は水分が足りていない、インナードライという状態になっていることもあるのです。

このようなニキビを改善するために大切なことは、大きく分けて食事を見直すこと、今の生活習慣を見直すことの2つです。当サイトはニキビ改善のためのこの2つの方法について詳しくご説明させていただきます。